AngelBeats!@アニメレビューブログ アニろぐ

オススメアニメの感想やレビューをするブログ(ネタバレ有注意)※レビューしているアニメ本編を見てからの閲覧を推奨します。



AngelBeats!

エンジェルビーツ13話(最終回)後編 立華かなでの「ありがとう」。そして「奏でた音が結ぶ絆」

ここからの記事はAngel Beats!エンジェルビーツ)13「Graduation」の後半レビューとなります。
こちらの記事に最初にこられた方は、まず前半レビューの『エンジェルビーツ13話(最終回)前編 直井とゆりと日向の「死んだ世界戦線 卒業式」』を先にご覧ください。
※この記事ではAngel Beats!エンジェルビーツ)という作品の核心部分が語られますので、1話から続けて見ていない方は是非全てを見てから読むことを推奨いたします。

果たして、立華かなでのこの世界にとどまっていた「心残り」とは!
音無結弦と立華かなでの関係とは!
そして、ラストにはどんな感動が待っているのか!エンジェルビーツ13話(最終回)後編 立華かなでの「ありがとう」。そして「奏でた音が結ぶ絆」の続き

エンジェルビーツ13話(最終回)前編 直井とゆりと日向の「死んだ世界戦線 卒業式」

Angel Beats!エンジェルビーツ)は13「Graduation」で最終回。
あっという間の13話でしたね〜。
短すぎると思う一方で、これだけ中身の濃いストーリーだからこその感動というか飽きの来ない感覚というか・・・、とにかく充実した13話だったと思います。
エンジェルビーツ13話 Graduation
細かい感想は最後にするとして、それでは最終話の内容にふれていきたいと思います。
ちなみに最終話ってこともあるので、アニろぐ史上最長の長文になっています^^;
そのため、今回は特別に13話のレビューを前後編みたいに2回に分けます(とりあえず前半は出来たところまでってことで・・・。作業が遅くてすみません^^;)。
ご了承くださいませ〜。

果たして、仲村ゆりたち戦線メンバーは無事卒業できるのか!エンジェルビーツ13話(最終回)前編 直井とゆりと日向の「死んだ世界戦線 卒業式」の続き

エンジェルビーツ12話 ANGEL PLAYERの真実。そして「なかむらゆり」の気持ちと涙。

Angel Beats!エンジェルビーツ)12「Knockin' on heaven's door」は最終話直前のいよいよ大詰め。
「天国への扉をたたく」、果たしてそれは「楽園への入り口に立った」のか、それとも「死のふちに入ろうとしている」のか!(既に死んでるけど)
Knockin' on heaven's door
12話では、影によるNPC化の真相が語られますが、何より「ゆりの気持ち」の大きな変化を見れたところが見所ですね。
「理不尽な悲しい記憶」を1度しかない人生としてしっかり忘れず受け止めつつ、同じぐらい大切な「掛け替えのない記憶」があることを自覚したときの「ゆり気持ち」と感情は必見です。
ただ、その真相が「愛」についての解釈によって複雑になってくるので自分の中で言葉にするのに時間がかかりました(むしろ保留中ですごめんなさい;)。
それに伴って文章量も多くなってしまいました(多分今までで最長)(;´д`
深く考えすぎなのかもしれませんので、気楽にというか、むしろ懐疑的な視点で読んでください。

それでは以下、Angel Beats!エンジェルビーツ)12本編解説。エンジェルビーツ12話 ANGEL PLAYERの真実。そして「なかむらゆり」の気持ちと涙。の続き

エンジェルビーツ11話 影の脅威とSSSの新たな選択の道@1話の何気ない重要性

Angel Beats!エンジェルビーツ)11「Change the World」は、いよいよ終盤に入ってきました。
前回10話の最後にて現れた謎の「影」。
死よりも恐ろしい影の脅威に直面したSSSメンバーのとるべき道とは!
エンジェルビーツ11話 Change the World
以下はAngel Beats!エンジェルビーツ)11の本編の荒くないあらすじ。

エンジェルビーツ11話 影の脅威とSSSの新たな選択の道@1話の何気ない重要性の続き

エンジェルビーツ10話 ユイの究極の幸せと心残り。日向の言葉と「一番の宝物」

Angel Beats!エンジェルビーツ10話「Goodbye Days」はユイにゃんファンは必見ですよ!
特に終盤は理屈抜きで良かったです。
レビューするんで何度も再生して見たのですが、これ2回目以降の方が心の琴線に触れると思う。
既に感情移入できてると、見るたびにそのキャラの心情がよみがえってくるので、何度も目頭に熱いものが(ノ▽`)

それにしてもこのAngel Beats!エンジェルビーツ)、始まる直前の時間のドキドキ感が近年稀に見るほど高いです。
番組放送開始の時間になったのにまだCMが続いてて、「早くCM終わってくれ〜」とか、「このCMの次に始まるかな?」と思ったら次もCMだった・・・的なもどかしい感覚。
多分それだけ自分の中での期待度が高いんだと思います。

ストーリーに関しても、終盤になるにつれて毎週その期待度が高まってどんどんハンパなくなってるはずなのに、その期待に答えてくれる(感動出来る)アニメはそうそう無いですね。
これが「key(だーまえ)クオリティ」か・・・

それではAngel Beats!10話本編の「粗くない『あらすじ』」へ。
ちなみに、中の人の感動度が高いほど文章が多くなったり画像数が多くなるのは仕様です。

エンジェルビーツ10話 ユイの究極の幸せと心残り。日向の言葉と「一番の宝物」の続き
レビュー最新記事
アニろぐについて
『アニメレビューブログ アニろぐ | アニメの感想ブログ』は著作権の侵害を助長する為のものではありません。
アニメ作品の特徴やキャラの魅力などを紹介・解説することで、作品に興味を持ってもらうことを主な目的にしています。
したがってレビュー画像等の著作権は全て権利者の方に帰属します。
もし、権利者の方で削除して欲しい画像などがありましたらコメントなどで連絡して下さい。
確認出来次第、すぐに削除致します。
その他、誹謗中傷系などのアニメブログの内容とは関係ないコメントは管理人の判断で通告なしで削除(非掲載)する場合があります。
万一、そのような目的でないのに上記のような対応をしたと思われましたら、お手数ですがコメント等でその旨ご連絡ください。
リンクはフリーです。トップページURLはhttp://anilog.bloggeek.jp/になります。
ご意見・要望等は下記メールへご連絡下さい。
elwing117@hotmail.com

また、コメントやメール等に書くほどではないこと(ご質問・ご要望・ご感想等)がありましたら、各記事ページの最後にあります「拍手」(クリックするとメッセージを書く欄がでます)よりお送りください。
つぶやき

レビュー記事検索
Recommend

聖地(鷲宮・幸手)風景
プロフィール
QRコード
QRコード
アニろぐ訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

*09年10月07日から集計

  • ライブドアブログ